東郷平八郎

日露戦争でロシアのバルチック艦隊を撃破した日本の連合艦隊及び第一艦隊司令長官です。

東郷をこの地位に推薦したのが、海軍大臣山本権兵衛でした。明治天皇にその理由を問われた際には「彼は運の良い男でございます」と答えたというエピソードが残っています。当時閑職につき定年を間近に待つだけの東郷の抜擢は誰もが予想外だったでしょう。

そんな東郷が率いる日本艦隊の活躍により日露戦争は勝利します。

スポンサーリンク

フォローする