武井壮

すごい身体能力の持ち主。それ以上に驚いたのが1日の睡眠時間が45分らしいです。

僕はこの世の中で時間が一番貴重なものと考えているので、6時間睡眠の僕より5時間以上時間を使えているということなんですね。最高月収が3500万円(※)であることよりも1日に使える時間が23時間超あることがうらやましいです...
 ※『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ)2017/2/19より

彼が本格的に芸能界デビューするきっかけとなったのは、人との出会いでした。
2006年、33歳だったときに西麻布のバーでなぜか立ったまま犬用の骨の形をしたガムを噛んで奥歯を鍛えていた武井を目撃したのが、常連客だった「電気グルーヴ」のピエール瀧でした。そんな彼に興味を持った瀧が自身の番組に出演させました。

その後、2012年に「百獣の王」を目指す男として番組に出演して以降、「○○の倒し方」などを空想で語るなど、独特なキャラクターで人気者になりました。

本格的に陸上競技にも取り組み、第21回世界マスターズ陸上競技選手権では40~44歳クラスの100m×4名のリレーに出場し、優勝もしています。
家庭の事情により、小学校の時から2歳上の兄と二人で生活をすることを余儀なくされた武井。奨学金で学校に通うために、常にトップの成績を取っていたとのことです。

トーク力を磨くために、芸能人がいそうなバーに行き、こっそりとその会話を録音しそれを繰り返し聞くことでトークを学んだそうです。

そんな苦労人で努力家には、やはり幸運の女神が微笑んでくれるのでしょう。
やはり「人との出会い」が運を運んでくれたのだと思います。

スポンサーリンク

フォローする