運の書籍

<amazonの内容紹介より抜粋>

運のいい人と悪い人の差は、どこなのか?
本書では、著者が長年に渡って研究してきた「強運の法則」について、41項目に厳選して解説します。・・・読むだけで強運になれる一冊!
「『運のいい人は、なぜ運がいいのか?』ということを本書のテーマとして扱い、普通の人が、日常でできる運をよくするコツを、図解化してよりわかりやすく、イメージしやすく、すぐに役立つようにまとめました。『人生の九割は、運で決まる』といっても過言ではありません。

 

<amazonの内容紹介より抜粋>

「運」は平等でないから、人生はおもしろい!

人生とは、たいていが、その人のやってきたことの結果である。しかし、そうはいっても、その結果に「運」というものが作用していることがある。・・・
だから、この「運」というものを軽く見てはいけない。
本書は、「運」とは何であるのか? そして、その「運」を呼び込むためには、どうした考え方・行動が必要なのかを丁寧に解き明かしたもので、読者の皆さんの人生をより良きものにするためのアドバイス集である。

 

<amazonの内容紹介より抜粋>

キャリア47年のベテラン弁護士が断言!

「“争い”をやめて“人の役に立つ”ことをすれば、“神さまが喜び”運が開ける」

……など、数多くの実例をもとに「真実の成功法則」を解き明かす。

 <amazonの内容紹介より抜粋>

3000人の人生からわかった、すごい運のつくり方、初公開! 人生も仕事も運に左右されます。「運のしくみ」がわかれば運を上げるなんてカンタンです! しんどい思いをしなくてもあなたもスイスイ運の階段を上がっていけるんです!

 <amazonの内容紹介より抜粋>

仕事で失敗したり、思うような結果を出せなかったりすると、人は「私は運が悪い」と考えがちだ。確かに運も大きい。私自身、ここまでニトリを成長させることができたのは80%が運だと思っている。だがそれは偶然の産物ではない。「運は、それまでの人間付き合い、失敗や挫折、リスクが大きい事業への挑戦など、深くて、長く、厳しい経験から醸成される」というものでもある

スポンサーリンク

フォローする